こんにちは!エネリンだよ☆
夏も終わって朝晩はだいぶ寒くなってきたね!
そろそろペットたちも冬支度を始めよう!

気を付けて!ハムスターの冬眠

動物たちは冬になると冬眠するイメージがありますよね
でも!ペットのハムスターは冬眠はNG!
ペットのハムスターの冬眠は「疑似冬眠」といって、これをしてしまうと最悪命を落としてしまうことも・・・
10度を下回ると疑似冬眠の危険性が上がるから、冬は特に気を付けて温度管理をしてあげましょう!

疑似冬眠に入ってしまったら・・・

疑似冬眠は小さなハムスターの体に大きな負荷を与えてしまうもの
飼い主が手助けして、起こしてあげることが必要となります
ただし、急激に温めてしまうのは、より体力を消耗させてしまう可能性もあるのでNG
ゆっくりと温めていきましょう(ドライヤー、ストーブ、こたつなどをいきなり使うのはやめましょう)
具体的な手順は以下の通りです

1.室温を上げる
ハムスターにとって適温である20~26度にまで室温を上げましょう

2.手の平で温める(目安30分)
優しく手の平で包んであげましょう

3.カイロやヒーターを使って温める(目安30分~1時間)
手の平で温めても駄目だった場合は、カイロやヒーターを使いましょう
ただし直接当ててしまうと高温すぎてしまうため、タオルでカイロを包んだり、ハムスターをタオルで包んだりして、間接的に温めましょう

4.暖かいミルクや糖分を与える
目覚めたハムスターに、ミルクや糖分を与えます
ミルクは35~36度がおすすめですが、様子を見て飲みにくそうにしていたら温度を調整してあげましょう。与える糖分はお湯でといた蜂蜜や砂糖がおすすめです
半日~1日はこまめに様子を見て、常に食べ物や飲み物を用意することも大切になります

疑似冬眠を防ぐために

ハムスターは温度変化に非常に弱い生き物です
そのため冬になってから準備するのではなく、早めの準備が必要となります
10月に入ると昼と夜で大きな温度差が生じてしまいます
巣箱からあまり出てこない、動作が遅いなど、ハムスターが寒がる様子が見られたら準備を始めましょう

1.電気ヒーターを用意
ハムスターが中に入ったり上に乗ったりというケージ内に入れるタイプとケージ下にひいて広範囲を暖めるタイプがあります
また最近では天井に吊るすことができるものや電球タイプのものなど、様々なタイプのものが売られています
ハムスターがかじる心配がないのはゲージ下にひくパネルヒーターで、非常におすすめです!

2.床材をたっぷり入れる
広葉樹の床材には保温効果だけでなく消臭効果もあるため非常におすすめです!

3.ケージを段ボールで囲う
前面をくりぬいた段ボールに入れるだけでも効果あります

4.毛布を敷く
下に敷くだけでなく、上からかぶせるのも保温効果があります
ただしハムスターがタオルをかじったり、タオルをよじ登って脱走したりという危険性もあるので要注意

5.部屋を暖かくする
エアコンを活用して、部屋をハムスターの適温に設定しましょう!

温度管理をしっかりしてハムスターと冬を楽しく過ごそう!

ハムスターは体が小さい分、気を付けてあげないとすぐに死んでしまいます
早いうちから寒さ対策をしっかりして、ハムスターと楽しく冬を過ごしましょう♪

line_area_img ★インスタのフォトコンテストお知らせ! フォトコンテスト第三段スタート♪テーマは「静岡の絶景スポット」 優秀者には5000円相当の特典あり(*^^)v ⇒@enefy_family